読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も猫を探して

猫になりたい
と歌ったのはスピッツ草野正宗だが
私は今日も、猫に触りたい 猫の声が聞きたい
と猫探しに勤しんでいる。

私の住むところは野良猫、地域猫、家猫(出入り自由)が多いところで、私たち夫婦の頭の中には猫MAPが出来上がっている。
※旦那はかなりの猫好きである

帰宅時間は私の方が早いから、先にひと通り猫探しをするのだけど、
私が探したとき居なかったのに、旦那が帰る時間帯に現れて「今そこでサビ猫さん見たよ〜♪」なんて報告されたときにゃ、もう羨ましくて羨ましくて、奥歯がすり減るほど悔しい。

近所の猫さんと遊べると、日常のイライラすることやメンドくさいことが全部どっかに消えてゆく。
たまたま近所の猫さんと会えない日が長く続いたり、ご機嫌ナナメで逃げられまくったりするときは、猫カフェへ行く。

猫は全てが素晴らしい。
形も声も性格も、ぜんぶ完璧。
いつかペットを飼える環境が整ったら、猫さんと暮らすのが夢。

さて問題は、旦那が猫アレルギーということだ…