読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京在住共働きヨメのおサイフ事情

10月が始まった。
もう2016年も残り3ヶ月だよ 早いなぁ。早すぎるなぁ。

ここのところ逆タスク管理やら、ヨガやら、自分の生活の内容を見直すことに注力してたけど、
その一環としておサイフ管理についても考えてみる。

我が家は共働きなので財布は別
結婚したときに共通口座(名前は旦那)をひとつ作って、毎月手取り額の2/3をそれぞれ入金することにした。
生活費はそれでまかなって、残り1/3はそれぞれの自由〜♩
一応×3/2すれば、その月の相手の手取り額はわかるけど、そこはNO干渉

会社の上司や友人には、
「共働きで一番お金がたまらないパターン」
「家を買うとき大変なことになるよ」
「財布はひとつにして小遣い制にしないと貯金できないよ」
と言われるが、本人達はそんなに危機感を感じていない。

共通口座にはクレジットカード作ってないから、毎月決まった額をおろしてそれでやりくりしてるし、
基本的に平日は家で夕食
ミニマリストもどきだから物はそんなに買わないし。。


ていうか、むしろ個人口座の方がヤバい!
仕事してるのでどうしても付き合いやら、それなりに身綺麗にするための支出やら、ストレス発散と称したムダ遣いやら、、、
共通口座はあんなに慎ましく運用してるのに、個人口座のひどいことひどいこと。
アプリで支出の記録をつけてるけど、結構抜けてるし、結局、記録してたって内容に対して反省が無いし
そもそも小遣い、という感覚がないので、食べたいなー欲しいなー行きたいなーetc欲望のままにやっている。

物欲はそんなに激しくないほうだと思うけど、財布にお金が無くなるたびにATMでちょこちょこおろすから、あんまり「減ってる」「使ってる」感覚が無い…

今はふたりとも元気で仕事もあるからいいけど、何かあったとき今のままの感覚じゃヤバい! 
世のお父さんたちと同じように、小遣い制に慣れなくては!

そこで今更だけど、月の初めに決まった額をおろして、それのみで月末まで過ごすというやり方を自分個人の支出に関しても試してみることにした。

金額の設定には、こちらのネット記事を参考に。


うーん例のアプリの記録から考えるに、絶対足りない…
それにアプリにいちいちコーヒー代とか入れてないから、アプリの記録以上に支出してることは確かだし。
よし、記事の金額より少し予算は多めにしとこう。
一体わたしの個人的な支出は月にいくらなんだろう。。まぁいいや。

この手元の現金とは別に、携帯代がカード払いで引き落ちるけどそれは無視することとする。
ていうかいま月に1万くらいSoftBank様に払ってるんだけどなんとかならないだろうか。
格安SIMとか。まだ更新月じゃないのだけど、変えた方が長い目で見て安上がりかな?
この件についても考えなくては。

さてさて10月、予算内で乗り切れるかなぁ?